2018年ニューバランス室内グランプリ男子3000m:エドワード・チェセレク(ケニア)が7:38でハゴス・ゲブリウェト(エチオピア)を撃破し2日連続の偉業を達成

2月9日(ボストン):オレゴン大学での4年間を通してエドワード・チェセレクは全米大学タイトル17冠を獲得し、ア … Continue reading 2018年ニューバランス室内グランプリ男子3000m:エドワード・チェセレク(ケニア)が7:38でハゴス・ゲブリウェト(エチオピア)を撃破し2日連続の偉業を達成

広告

デイビット・ヘメリー・バレンタイン招待:エドワード・チェセレク(ケニア)が室内1マイル世界歴代2位の3:49.44の快挙!

2月9日(ボストン) :エドワード・チェセレクは現在の国籍であるケニアを背負わないトラックの選手であり、それに … Continue reading デイビット・ヘメリー・バレンタイン招待:エドワード・チェセレク(ケニア)が室内1マイル世界歴代2位の3:49.44の快挙!

2018年RAKハーフ:女子はファンシー・チェムタイ(ケニア)が世界記録にあと2秒に迫る世界歴代2位の1:04:53で優勝、男子はビダン・カロキ(ケニア)が世界歴代4位の58:42で2連覇

UAE(アラブ首長国連邦)の首長国の1つであるラス・アル・ハイマで朝6時30分スタートで行われた、2018年の … Continue reading 2018年RAKハーフ:女子はファンシー・チェムタイ(ケニア)が世界記録にあと2秒に迫る世界歴代2位の1:04:53で優勝、男子はビダン・カロキ(ケニア)が世界歴代4位の58:42で2連覇

モジネット・ゲレメウとロザ・デレジェが2018ドバイマラソンを制する:マラソンの歴史上で最も衝撃的な7人のサブ2:05と4人のサブ2:20

◎参考:ドバイマラソン男子展望:タミラト・トラが2010年優勝のハイレ・ゲブレセラシエ以来の連覇を狙う &nb … Continue reading モジネット・ゲレメウとロザ・デレジェが2018ドバイマラソンを制する:マラソンの歴史上で最も衝撃的な7人のサブ2:05と4人のサブ2:20

2018年ヒューストンハーフ女子:空前絶後の高速レースはモリー・ハドルが全米記録を12年ぶりに更新する67:25で7位に入る

モリー・ハドルはヒューストンハーフで67:25で7位に入り、2006年以来やぶられていなかった、ディーナ・カス … Continue reading 2018年ヒューストンハーフ女子:空前絶後の高速レースはモリー・ハドルが全米記録を12年ぶりに更新する67:25で7位に入る

2018年ヒューストンハーフ男子:ジェイク・ロバートソン(ニュージーランド)が強豪揃いのレースをラスト3kmからのスパートを決め60:01で制する

https://twitter.com/letsrundotcom/status/95256101146221Continue reading 2018年ヒューストンハーフ男子:ジェイク・ロバートソン(ニュージーランド)が強豪揃いのレースをラスト3kmからのスパートを決め60:01で制する

川内優輝が極寒-17℃のマーシュフィールドニューイヤーマラソンで、自身76回目のマラソンサブ2:20を達成:マラソンのサブ2:20達成回数の世界新記録を樹立

川内優輝は、アメリカのマサチューセッツ州マーシュフィールド(ボストンの南東にある東海岸の海岸にある街)で201 … Continue reading 川内優輝が極寒-17℃のマーシュフィールドニューイヤーマラソンで、自身76回目のマラソンサブ2:20を達成:マラソンのサブ2:20達成回数の世界新記録を樹立

ニューヨークシティマラソン男子:ジョフリー・カムウォロルがラスト2kmからのスパートでマラソン初優勝 – メブ・ケフレジギは11位で引退レースを走り終える

ニューヨーク — 世界クロスカントリー選手権と、世界ハーフマラソン選手権でともに2回優勝している24歳のジョフ … Continue reading ニューヨークシティマラソン男子:ジョフリー・カムウォロルがラスト2kmからのスパートでマラソン初優勝 – メブ・ケフレジギは11位で引退レースを走り終える

ニューヨークシティマラソン女子:シャレーン・フラナガンがアメリカの女子選手として40年ぶりのニューヨークシティマラソン優勝!!

https://twitter.com/darrenrovell/status/927221101893210Continue reading ニューヨークシティマラソン女子:シャレーン・フラナガンがアメリカの女子選手として40年ぶりのニューヨークシティマラソン優勝!!

全米5kmロード選手権:シャドラック・キプチルチルが13:57で6人のスパート合戦を制する – モリー・ハドルが大会新の15:24で6回目の全米5kmロードのタイトルを獲得

©2017 Lets Run ニューヨーク — 今朝のアボット5km / 全米5kmロード選手権の男子のゴール … Continue reading 全米5kmロード選手権:シャドラック・キプチルチルが13:57で6人のスパート合戦を制する – モリー・ハドルが大会新の15:24で6回目の全米5kmロードのタイトルを獲得