ニューヨークシティマラソン男子展望:ゲブレスラシエ連覇なるか?キプサングがベルリンの雪辱を果たすか?カムウォロルがマラソンへ復帰しメブ・ケフレジギは有終の美を飾れるか?

©2017 Lets Run アメリカのメブ・ケフレジギの26回目のマラソンはこのニューヨークシティマラソンと … Continue reading ニューヨークシティマラソン男子展望:ゲブレスラシエ連覇なるか?キプサングがベルリンの雪辱を果たすか?カムウォロルがマラソンへ復帰しメブ・ケフレジギは有終の美を飾れるか?

広告

全米5kmロード選手権:シャドラック・キプチルチルが13:57で6人のスパート合戦を制する – モリー・ハドルが大会新の15:24で6回目の全米5kmロードのタイトルを獲得

©2017 Lets Run ニューヨーク — 今朝のアボット5km / 全米5kmロード選手権の男子のゴール … Continue reading 全米5kmロード選手権:シャドラック・キプチルチルが13:57で6人のスパート合戦を制する – モリー・ハドルが大会新の15:24で6回目の全米5kmロードのタイトルを獲得

ニューヨークシティマラソン女子展望:メアリー・ケイタニーの4連覇なるか?それともエドナ・キプラガトかシャレーン・フラナガンが待ったを掛けるのか

日曜日のニューヨークシティマラソンの女子は、メアリー・ケイタニーが勝利すれば、彼女はニューヨークシティを4回優 … Continue reading ニューヨークシティマラソン女子展望:メアリー・ケイタニーの4連覇なるか?それともエドナ・キプラガトかシャレーン・フラナガンが待ったを掛けるのか

モー・ファラー御馴染みの“モボット”ポーズはロンドンオリンピック前のイギリスのテレビ番組で生まれた

ボルトのポーズを決めるファラー、ファラーのモボットポーズを決めるボルト 今では御馴染みのモー・ファラーの“モボ … Continue reading モー・ファラー御馴染みの“モボット”ポーズはロンドンオリンピック前のイギリスのテレビ番組で生まれた

全米5kmロード選手権記者会見での談話:ポール・チェリモは2018世界室内選手権3000mの金メダルを狙う、ブレンダ・マルティネスは800mを卒業

ニューヨーク - 全米5kmロード選手権は(アメリカ東海岸の現地時間の)土曜日の朝に、アボットダッシュ5km( … Continue reading 全米5kmロード選手権記者会見での談話:ポール・チェリモは2018世界室内選手権3000mの金メダルを狙う、ブレンダ・マルティネスは800mを卒業

(過去記事)男子10000mアメリカ人選手による26分台の振り返りその2:ゲーレン・ラップの2011年と2014年の2回の全米新記録のレース

Galen Rupp Shatters The American 10,000 Record By Runni … Continue reading (過去記事)男子10000mアメリカ人選手による26分台の振り返りその2:ゲーレン・ラップの2011年と2014年の2回の全米新記録のレース

(過去記事)男子10000mアメリカ人選手による26分台の振り返りその1:クリス・ソリンスキー衝撃の10000mデビュー戦 – 人類初の非アフリカ系選手による26分台への到達

  Solinsky Stuns With USA 10000m Record At Stanfor … Continue reading (過去記事)男子10000mアメリカ人選手による26分台の振り返りその1:クリス・ソリンスキー衝撃の10000mデビュー戦 – 人類初の非アフリカ系選手による26分台への到達

バレンシアハーフでケニアのジョイシリン・ジェプコスゲイが今年3回目の世界記録更新:自身の世界記録を1秒更新する1:04:51で優勝 – 男子はソンドレ・モーエンがノルウェー新記録で欧州歴代2位の59:48で4位に入る

https://twitter.com/iaaforg/status/922031902839705600 1 … Continue reading バレンシアハーフでケニアのジョイシリン・ジェプコスゲイが今年3回目の世界記録更新:自身の世界記録を1秒更新する1:04:51で優勝 – 男子はソンドレ・モーエンがノルウェー新記録で欧州歴代2位の59:48で4位に入る

オリンピック1500mメダリスト、ニック・ウィリスへのインタビューその3:節制の大切さやタウフィク・マクルフィ不在の今シーズンとアスベル・キプロプの5000mのポテンシャルについて

インタビューその1はコチラ インタビューその2はコチラ ―キャリアの初期と比べると、レーススタイルやレースの戦 … Continue reading オリンピック1500mメダリスト、ニック・ウィリスへのインタビューその3:節制の大切さやタウフィク・マクルフィ不在の今シーズンとアスベル・キプロプの5000mのポテンシャルについて

マラソンでトップになるのは誰だ:2007年のライアン・ホールか?それとも2017年のゲーレン・ラップか?“数字”で見る先週の振り返り

数字で見る先週の振り返り①:ラップの優勝は稀なケース “54” - ゲーレン・ラップがシカゴマラソンで優勝する … Continue reading マラソンでトップになるのは誰だ:2007年のライアン・ホールか?それとも2017年のゲーレン・ラップか?“数字”で見る先週の振り返り